大きな二つの心臓の河

yaskhoo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 31日

大晦日の利根川、ハコスチはならず



ー利根川にハコスチー

 利根川で、いわゆるハコスチ(群馬県水試開発旧箱島養鱒センターの雌と野性味が強いスチールヘッド系の雄を交配させたニジマス)が放流されている。
 10月から12月まで、前橋の市内中心部の利根川で開放される。
 kazuyaさんのお誘いがあって、大晦日に行ってみた。
b0244371_11335208.jpg
 寒くて、釣り人もまばらだった。
 水温が低くて、正直、釣りにはならなかった・・・・生物反応がない・・・
b0244371_11335757.jpg
 ただ、kazuyaさんから、よいポイントを教えていただいたので、来年は、その場所でもう一度挑戦してみたい。

 前橋までは東京から一時間半・・・近い
 12月まではキャッチリリースだったそうだが、1月からは一匹は持って帰れるとのことで(もちろん、私は持って帰らないが・・・)、餌釣り師たちにより魚はもっと薄くなるのだろうか・・

[PR]

# by yaskhoo | 2017-12-31 19:13 | ニジマス | Comments(0)
2017年 12月 18日

2018/12 荒川サーモンフィッシングと村上

 同僚の誘いで荒川のサーモンフィッシングにエントリーした。
 倍率が高く、良い時期はすぐ埋まってしまい、最終日となった。

 荒川は、もう何回目だろうか・・・フライでは難しく、いつも釣れない・・・
 今回は土曜日の朝8時にゆっくり出発して、日曜日の半日を釣るというコンパクトなプランだった・・まったく釣りをしたことのない同僚の友人二人も、ご一緒いただいた。

―12月の荒川はひどく寒い―

 12月中旬ともなると雪が心配だったが、案の定、雪が降ってきた。
 前日に、雨が降ったので、濁度も高いようだ・・・



 ずいぶん寒い釣りで、手指がしもやけになってしまった・・
 防寒対策はかなり慎重にして、手術用の手袋を重ねて付けていたが、やはり、ひどく寒い・・・風もあって体感気温は相当低い・・・

 薄暗く吹雪く日本海の風景のなかで、寒くて、釣れない釣り・・・・

―荒川は5番が釣れる―

 荒川は許可区間に①~番と、番号が振られているが、5から7番が人気で、やはりここが一番釣れるようだ。流れがたるんだところに遡上した鮭がたまるようだ・・・

 同じポイントに5m感覚ほどで釣り人が並ぶ・・・
 餌釣りの長竿のおっさんが立ちこむので、後ろからルアーを投げることになる。
 フライはキャストできない・・・

 それでも、ルアーはぼちぼちと釣れているようだった。
 ただ、鮭の遡上も終盤のようで、鮭の状態は擦れてあまりよい状態ではない。
 ときどき、巨大な10キロ近くあるのではと思う鮭も釣れていた。

ーキールフライのフライタイイングー
  
 事前に渋谷サンスイで、S川さんにフライを相談したら、キールフライがいいとのこと・・・
〇 tmc7999 #4 のフック
〇 ダンベルアイかチェーンアイ
〇 赤のゾンカー、紫もいい
 キールへの巻き方を教えてもらった。
b0244371_11302861.jpg
b0244371_11302000.jpg
―やっぱり荒川はフライは難しい―

 ここの釣りはフライでは難しく、特に濁度が高いとまったく話にならない。
 それでも、昼を過ぎて、少し濁度が下がってきたころに、死にかけた鮭の背中にフライが擦れがかりして、グーッ、という感じで引かれていった・・背中が見えたところで外れてしまった。結局、フライはその擦れがかりのみで終わった。

 ルアーでは、同僚が2匹メスを釣ったが、メスは漁協に回収される。
 初心者の一人は、「オニゴチ」?だろうか、20センチに満たない丸々と太ったコチがフックしていた。こんなのが釣れるんだ・・・

―村上で散策―

 一番面白かったのは、村上の散策と〆張鶴だった。酒粕を買ったので正月にはかす汁でも作ろう。

 冬の日本海は、人を陰鬱にさせるような風景だが、自然の厳しさと救いのない冷たさを感じる。なぜだかわからないが、私は、その風景が好きだ・・

 来年もこの釣れない釣りに、エントリーするのだろうか・・・

[PR]

# by yaskhoo | 2017-12-18 11:25 | サーモン | Comments(2)
2017年 10月 31日

道央の釣りと鮭の遡上

―道央へ―

10月末に金曜日の午後と月曜日の休みを取って、北海道に釣りに行った。



同僚たちと合流する予定だった。
彼らは、一週間の休みを取って先行している・・・
アメマスが釣れた・・・・

―ドローン―

釣り場で合流した、エキスパートのフライフィッシャーにドローンで映像を撮ってもらった。かの地は美しく、想い出が映せる。



今回は旅程の記載は省略・・

―覚え―
◇ 濁度は一気に上がるので、機会は有効に
◇ オレピンが10月から11月は有効(鮭の時期)
◇ タイプ8も有効に使うこと・・タイプ6と機動的に使い分け
◇ ハリスは1mでよく長くしなくてもOK
◇ フライにウェイトを巻く(どちらかというと沈めることが多い)

[PR]

# by yaskhoo | 2017-10-31 09:43 | アメマス | Comments(0)
2017年 10月 08日

北海道で釣り場を求めて彷徨う

―休暇がとれたのでフェリーで北海道に―
 長めの休暇がとれた・・・



―フェリーの旅―
 三井商船フェリーで大洗から苫小牧まで19時間のフェリー旅行をすることにした。
b0244371_07393182.jpg
 フェリーの旅は快適だった。船中でフライをたくさん巻いた。へたくそだ・・・
b0244371_07393744.jpg
―サホロダム―
 夜遅くに到着して、新得温泉に宿泊して早々に釣りに出た。
b0244371_07394293.jpg
 型の良いニジマスが釣れた。45センチほどだった・・・
b0244371_07401620.jpg
 道内を同じようにウロウロしているフライマンがいた。会社を辞めたそうだ・・・
b0244371_08141597.jpg
 アメマスも釣れた・・・
b0244371_07403239.jpg
―台風がきて釣りにならず―
 カラフトマスか鮭を釣るつもりだったが、今年は極端にサケが薄いようだ・・・まったく魚影が見えない。
b0244371_08144759.jpg
 枝幸に泊まって、食堂で飯を食ったら、微妙なポスターが貼ってあった。誰だろう・・・
今夜は眠らせて・・・・」・・・・
b0244371_08145960.jpg
―ロードバイクは強風で走れず―
 そのあと、台風が来てしまい、ずっと釣りもできなかった・・・オロロンラインをロードバイクで走るつもりだったが、練習にもならない・・・
b0244371_08151564.jpg
―ポンテシオ湖―
 層雲峡に宿泊して、ウロウロしたうえ、道央のポンテシオ湖に行ったら、ここだけは水が澄んでいた。ただ、熊の巣だ・・・
b0244371_08153605.jpg
 やっぱり、熊がでた・・・・知床以外で熊を見たのは初めてだ・・・車中だったからよかった。
b0244371_08163290.jpg
―道東のダム湖―
 道東まで足を延ばしたが、釣りにならなかった。ひどい濁度だ・・・
b0244371_08152995.jpg
―支笏湖―
 最後は、支笏湖でフライを投げた。まったく釣れる気がしない湖で、釣れないことでも有名な湖・・
b0244371_08164635.jpg
 上川の本店の「よし乃」が絶品なのだが、残念ながら木曜日は休みだった・・・替りにすすきので「よし乃」を食べたが、全然、いまひとつだった・・・残念
b0244371_08164068.jpg
―フェリーで帰る―
 往路の深夜便は、もっぱら長距離トラックの運転手たち用のフェリーでレジャー感はないが、帰路の夕方便は綺麗な船で、かなり快適な船旅になった・・・
b0244371_08170028.jpg
 仙台の金華山・・この地点がフェリーが最も岸にちかいようだ・・・
b0244371_08171891.jpg
 福島原発の横も通った・・・
b0244371_08172391.jpg
 1400Kmも道内をウロウロしたが、まったく釣りにならない長期休暇だった。
 新得温泉、枝幸、てしお温泉、稚内、層雲峡温泉、支笏湖・・・ウロウロ

 まあ、これも釣り

[PR]

# by yaskhoo | 2017-10-08 08:27 | つぶやき | Comments(2)
2017年 08月 06日

標本箱

―エキスパートからいただいたフライ―

 北海道のフィールドで、エキスパートからいただいたフライを、タイイングの参考に大事にとっていた。パソコンのディスプレイに両面テープでディスプレイしていたが、劣化の気配が見えたので、標本箱を調達して飾ってみた。セリアという100均ショップで入手できた。あとは、台紙とマチ針・・・

b0244371_20304574.jpg
 どれも、思い出の深いフライで、使用しているので少しフックが錆びているものもあった・・・
b0244371_20310065.jpg
 ほとんどが、私の尊敬するフィッシャーマンのDrからいただいたフライだが、すべてのフライが、丁寧に綺麗に巻かれている。公開されている情報からマテリアルを含めてトレースしているが、生来が粗雑で不器用な私には巻くことができない・・・
b0244371_20295802.jpg
 しかし、こうしてみると、フライはつくづく美しい・・・
 これで釣れるところがフライフィッシングの魅力の原点であるような気がする・・・

b0244371_20301997.jpg

 自宅の天井に飾っている・・・
 仕事が忙しくなって、いつになれば、北海道に行けるのかと・・・

b0244371_20310805.jpg



[PR]

# by yaskhoo | 2017-08-06 20:45 | タックル | Comments(0)